株式会社トリケミカル


用語集

トップページ > 用語集 > A-Z

一株当り純資産(BPS)

(ビーピーエス)Book-value Per Shareの略で「一株当たり純資産」のこと。
BPS=普通株式に係る期末の純資産額 ÷ 期末株式数(期末の普通株式の発行済株式数−期末の普通株式の自己株式数)で算出される。 普通株主に関する企業の財政状態を示すものであり、その企業の普通株式が一株あたりいくらになるかという意味で使われる。 一株当たり純資産をその企業の解散価値ともいう。
用語集トップへ戻る

一株当り純利益(EPS)

(イーピーエス)Earnings Per Shareの略で「一株当たり純利益」のこと。
EPS=当期純利益 ÷ 発行済株式総数で算出される。 ただし、現時点での発行株式数と、ストックオプションやその他の潜在株式を含めた総株式数も計算しておく必要がある。 収益性分析の指標として使われる。
用語集トップへ戻る

株式公開(=IPO)

(アイピーオー)Initial Public Offeringの略で「株式公開」のこと。
それまで特定個人や特定法人の株主によってしか所有されていなかった未上場の企業が新規に上場し、一般の投資家に株式を売り出すこと。 株式公開時に、以前から株主が保有している株式を市場に売り出す 「売出し」 と、新株を発行して、市場からの資金調達を行う 「公募増資」 がある。 株式公開により会社の知名度・信用度が向上し、また多くの投資家から資金調達が可能になる。
用語集トップへ戻る

IR

(アイアール)Investor Relationsの略で、直訳すると「投資家向け広報活動」。
自社株の投資価値を株主や投資家に訴える企業のマーケティング活動である。 IR活動を通じて投資家との信頼関係を構築し、資本市場から自社の企業価値として適正な評価を得ることを目指す。 株式投資にはリスクを伴うので、投資家がリスクを取る価値があると納得できるだけの企業情報をきちんと提供することが重要である。 財務数字(過去の数字)のディスクローズにとどまらず、成長戦略 (未来の姿) を示し、適時、公平に継続して活動していくことで、 投資家の理解・期待・信頼を得ることができる。 また、企業の経営トップからIR活動を通じて社外に発信される情報はコーポレートメッセージとして重要な意味をもち、 PR活動・営業活動・社内広報・人材採用等、企業活動のあらゆる側面へ影響を及ぼすことから、IR活動は経営戦略そのものであり全社的なコミュニケーション活動ともいえる。
用語集トップへ戻る

株価純資産倍率(=PBR)

(ピービーアール)Price Book-Value Ratioの略で「株価純資産倍率」のこと。
PBR(倍)= 株価 ÷BPS (一株当たり純資産)。株価が一株当たり純資産の何倍まで買われているかを表す。 市場が企業の資本効率をどのように判断しているのかが分かる指標である。PER(株価収益率)が株式の生み出す利益に注目しているのに対して、 PBR(株価純資産倍率)は企業の持つ資産価値、解散価値に注目した投資尺度といえる。
用語集トップへ戻る

株価収益率(=PER)

(ピーイーアールまたはパー)Price Earning Ratioの略で「株価収益率」のこと。
PER=株価 ÷ EPS(一株当たり純利益) で算出される。株価が1株当たり純利益額の何倍まで買われているかを示す。 企業の利益水準に対して株価が割安か割高か、といった株価の割安度を判断する指標として、投資判断尺度のひとつとして使われる。 一般的にPERが高いほど利益に比べ株価が割高で、逆にPERが低いほど株価が割安であることを示す。
用語集トップへ戻る

総資産利益率(=ROA)

(アールオーエー)Return on Assetの略で「総資産(総資本)利益率」のこと。
ROA(%)=利益÷総資産(総資本)×100 で算出される。 利益を総資産(総資本)で除した割合で、事業全体の投資利回りを測る尺度・収益性を示す指標とされる。 利益は、営業利益、経常利益、当期純利益などが使われ、それぞれ総資産営業利益率、総資産経常利益率、総資産純利益率、と言われる。 保有している資産をどれだけ有効活用しているのかを示す指標となる。 製造業など固定資産の多い業種の分析に適した財務指標で、資産の有効活用度を測ることが可能である。
用語集トップへ戻る

自己資本利益率(=ROE)

(アールオーイー)Return on Equityの略で「自己資本当期純利益率」のこと。
連結ROE(%)=当期純利益÷(純資産-新株予約権-少数株主持分)×100、単体ROE(%)=当期純利益÷(純資産-新株予約権)×100で算出される。 当期純利益を自己資本で除した比率で、株主の立場からみた事業の収益性・自己資本を使ってどれだけ利益をあげたかを測る基本的な指標となる。 一般的に、ROEが高いと効率的に経営ができている株主にとっても魅力的な企業、ROEが低いと効率的な経営ができていない、ということになる。
用語集トップへ戻る

 
 
 
 
 
 


お問い合わせ |  このサイトについて |  サイトマップ |  個人情報保護

Copyright©2006 Tri Chemical Laboratories Inc. All rights reserved.