株式会社トリケミカル


用語集

トップページ > 用語集 > サ行

自己資本利益率(=ROE)

(アールオーイー)Return on Equityの略で「自己資本当期純利益率」のこと。
連結ROE(%)=当期純利益÷(純資産-新株予約権-少数株主持分)×100、単体ROE(%)=当期純利益÷(純資産-新株予約権)×100で算出される。 当期純利益を自己資本で除した比率で、株主の立場からみた事業の収益性・自己資本を使ってどれだけ利益をあげたかを測る基本的な指標となる。 一般的に、ROEが高いと効率的に経営ができている株主にとっても魅力的な企業、ROEが低いと効率的な経営ができていない、ということになる。
用語集トップへ戻る

スモールミーティング

数名のターゲットを絞ったセルサイド・アナリストやファンドマネージャーを集めて行う少人数形式のミーティング。 企業のプレゼンテーションと同様に、質疑応答を重視して時間を割くことが多い。企業側の意向をより深く伝えることができ、 また参加者もより詳細な質問をすることができるので、ラージミーティング(大説明会)よりも企業とアナリスト・投資家の距離は縮まりやすい。
用語集トップへ戻る

セルサイド

証券会社・投資銀行など、有価証券を投資家に売る側の組織をセルサイドと呼び、機関投資家をはじめとするバイサイドと対比する。 セルサイドに所属するアナリストは 「セルサイド・アナリスト」 と呼ばれ、注目した企業について、 財務数字を中心にさまざまな資料を分析するとともに、経営者やIR・財務担当者にもインタビューを行い、 投資家向けに企業のレポートを書く。
用語集トップへ戻る

総資産利益率(=ROA)

(アールオーエー)Return on Assetの略で「総資産(総資本)利益率」のこと。
ROA(%)=利益÷総資産(総資本)×100 で算出される。 利益を総資産(総資本)で除した割合で、事業全体の投資利回りを測る尺度・収益性を示す指標とされる。 利益は、営業利益、経常利益、当期純利益などが使われ、それぞれ総資産営業利益率、総資産経常利益率、総資産純利益率、と言われる。 保有している資産をどれだけ有効活用しているのかを示す指標となる。 製造業など固定資産の多い業種の分析に適した財務指標で、資産の有効活用度を測ることが可能である。
用語集トップへ戻る


 
 
 
 
 


お問い合わせ |  このサイトについて |  サイトマップ |  個人情報保護

Copyright©2006 Tri Chemical Laboratories Inc. All rights reserved.